【ヴァイス】物語シリーズ 赤黄ひたぎバーン デッキ

まえがき

物語シリーズのセカンドシーズンが発売されました!!
RRのカードが本当に高い(笑)
高いけれど、よく売れてるね!!売れてるよね??

物語シリーズが好きなので組むか非常に悩んでいる。
デッキレシピを考えるのはただなので考えよう(笑)

物語シリーズ1番バッターは、赤黄ひたぎバーンデッキです!!

スポンサーリンク

物語シリーズ 赤黄ひたぎバーン デッキレシピ

0LV
総合的な幸せ 八九寺真宵 × 4
渦中の子 八九寺真宵 × 4
優柔不断 神原駿河 × 3
感謝の言葉 戦場ヶ原ひたぎ × 2
適当な誤魔化し方 神原駿河 × 2
“童女”斧乃木余接 × 2

1LV
“怪異殺し”忍野忍 × 4
新学期 神原駿河 × 4
未来の為に出来ること 戦場ヶ原ひたぎ × 2
仕事中の臥煙伊豆湖 × 2
内なる気持ち 羽川翼 × 1

2LV
仕事上の関係 戦場ヶ原ひたぎ × 2

3LV
真剣な面持ち 戦場ヶ原ひたぎ × 4
“最後”まで笑顔 八九寺真宵 × 4
昔話 忍野忍 × 1
少しの歩み寄りキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード × 1

CX
ある冬の日 × 4
呪文詠唱 × 4

所感・採用理由など

【0レベル】
総合的な幸せ 八九寺真宵 × 4
1コスト1クロック1サーチは強い。
1ターン目には使わないカードかつ経験デッキなので、4枚から3枚にして2レベル以上を増やす事を考えた。
手札の質を上げるためにも、使いたいカードなので結局4枚の採用にした(笑)

渦中の子 八九寺真宵 × 4
自身ではなく相手を移動させる効果を持っている珍しいカード。
何故か相手の盤面が埋まっていると控え室に送られてしまう。できればデッキの中に戻ってほしかった迷子的な意味で(笑)
パワー2500未満のカードを蹴散らす事ができるかも?(笑)
生き残る可能性があるカードということで、期待を込めて4枚採用した。
パワーが高いカードと相性が良いので、004000と一緒に採用したい。
残念ながらこのレシピには004000は採用されていない(笑)

優柔不断 神原駿河 × 3
全体応援として3枚採用した。
基本は総合的な幸せ 八九寺真宵でサーチする。
2コスト回収と非常に重いが、応援のおまけに効果がついていると思えば非常に強い。

感謝の言葉 戦場ヶ原ひたぎ × 2
手札を増やすカードが多いので、アド集中の枚数が少なくてもなんとかなるという考え。

適当な誤魔化し方 神原駿河 × 2
経験持ちにパワー+2000できる相打ち。
他にも採用したいカードが多いため2枚だけ採用した。

“童女”斧乃木余接 × 2
手札入れ替えにパワーパンプがついている。
アタッカーが少ないデッキなので、パワーパンプが非常にありがたく感じる。

【1レベル】
“怪異殺し”忍野忍
CXシナジーで相手リバース時に1サーチはデフォルトになってきたね。
CXを手札消費なしで使えるこのカードは相変わらず強いよ。しかも、ノーコスト。
ストックが増えると言うことは、したいことができると言うこと。

新学期 神原駿河 × 4
すごいカードがやってきた。
リバース時に手札に戻る効果を持っていながらパワーも3500と高い。
2レベル以上と条件があるものの手札に戻る可能性があるだけで強い。
文句なしの4枚採用だ。

未来の為に出来ること 戦場ヶ原ひたぎ × 2
物語は経験を満たすために、3レベルが多く入っているので、手札事故を回避するために2枚採用した。
パワーも5000とそこそこ高いので、相討ちと忍を1枚づつ減らして、このカードを4枚にするのも良いかもしれない。

仕事中の臥煙伊豆湖 × 2内なる気持ち 羽川翼 × 1
強いカードではあるが、守るようなデッキではないので採用するか非常に悩んだ。
ごく稀に輝くことがあると思うので、1枚だけ採用した。

【2レベル】
仕事上の関係 戦場ヶ原ひたぎ × 2
早出しメタのカウンターを2枚採用した。
早出しが当たり前の環境なので、早出しに対抗するカードを必ず積みたい。

【3レベル】
真剣な面持ち 戦場ヶ原ひたぎ × 4
物語ファンが待ち望んだバーンがついにきたぞ!!!
ありがやーありがたやー!!文句なしの4積みです(笑)
強いけれど、最近はキャンセルしなかったときにチップチェックするカードが増えているため、バーンが使いづらいよね。

“最後”まで笑顔 八九寺真宵 × 4
バーンひたぎが回復を持っていないので、回復要員として“最後”まで笑顔 八九寺真宵を採用した。
経験発生要員でもあるので、1枚は必ずレベル置き場に置く事になる。
回復だけではなく、ソウル+1とダメージキャンセル時1点バーンの付与は非常に強い。

昔話 忍野忍 × 1
強いカードだけど、今回はひたぎバーンに焦点を当てているため1枚だけの採用にした。
キスショットを使うために採用したともいえる(笑)

少しの歩み寄りキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード × 1
相手を強制リフレッシュさせる事ができるカード。
キャンセルできない1点ダメージ与えられる、このカードはすごい強いと思う。

スポンサーリンク

総括

考える前からわかっていましたが、ヴァイスはカードパワーが上がったため、過去のカードがほとんど入らない。
新規にやさしいね!!(笑)

各色に強いカードが追加され色の組合せが非常に悩ましく感じるようになった。
物語は経験デッキなので、中途半端に色を足してしまうと経験と色の発生が噛み合わず事故ってしまう。
なので、今回は2色の赤と黄に絞ってデッキを考えた。
赤と黄の組合せは、パワーは低いが手札を増やすカードや手札入れ替えなどシステムキャラが多いため使いやすいのが特徴のデッキだと考えている。

蟹に行き遭った少女 戦場ヶ原ひたぎを採用しなかった理由は、バーンに寄せたかったというのが最大の理由です。

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA