【ヴァイス】ドッグデイズ 緑黄タッチ赤 動物勇者 デッキ

まえがき

ドッグデイズがついに発売されましたね!!
いやはや、ドッグデイズも本当に息が長いアニメですな(笑)
第3期までやるとは、おそるべしドッグデイズ

発売されたら直にデッキレシピを考えるのに、1週間くらい放置してしまった(笑)
ということで、今回はドッグデイズの動物勇者デッキを紹介します。
相変わらずの脳内です。

スポンサーリンク

ドッグデイズ 緑黄タッチ赤 動物勇者 デッキレシピ

0LV
天真爛漫 ナナミ × 4
オンミツ部隊筆頭 ユキカゼ × 4
愛され領主 クーベル × 4
優しい微笑み ミルヒ × 2
抱き続けた憧れ クーベル × 2

1LV
勇者の休息 ナナミ × 4
英雄姫 フィー × 4
獅子姫の見合い × 3
ジョーヌ&ベール × 1
英雄仮面 アデル × 1
伝説の勇者召喚 × 1
勇者の休息 レベッカ × 1
自由騎士 ダルキアン × 1

2LV
英雄姫の銃 アデル × 1

3LV
ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ × 4
パスティヤージュの勇者 レベッカ × 3
若き獅子姫 レオ × 2

CX
勇者降臨! × 4
魔神結晶 × 4

所感・採用理由など

【0レベル】
天真爛漫 ナナミ 4枚
移動最強。
チェンジまで付いている何がおきた(笑)

オンミツ部隊筆頭 ユキカゼ 4枚
相手のオバスペを倒すために相打ちを採用だ。
相手ターン中に1コストで勇者のパワーパンプもできるため後列としても使える。
使い勝手が良いカードの1枚だ。

愛され領主 クーベル 4枚
パスティヤージュの勇者 レベッカの早出し条件のため4枚の採用だ。
今までは早出し条件になるようなカードは弱いが基本だった。
このカードは、全体応援に手札を増やせる効果と最近カードは強いね(笑)

優しい微笑み ミルヒ 2枚
採用するか非常に迷った1枚だ。
アド集中は強いため微妙な枚数だが2枚採用した。
手札を増やせるカードが多いに越したことはない。

抱き続けた憧れ クーベル 2枚
最近ではノーコスト手札入れ替えが流行している中で、1コスト手札入れ替えの採用と

【1レベル】
勇者の休息 ナナミ 4枚
いつものクロックアンコかと思っていたけれど、テキストを良く読んでみるとデッキの上からではなくて控え室からカードを1枚選んでクロック置き場におくという、ドッグデイズと非常に相性が良い効果になっている。
移動のチェンジ先でもあるので、弱いわけがないということで4枚採用だ。

英雄姫 フィー 4枚
最近では、普通になっているカードだが、出たとき最大107000は強いので採用だ。
参照する特徴が動物・勇者と、このデッキに合っているのも採用の決め手だ。

獅子姫の見合い 3枚
相手ターンに使えるようになったオペトレだ。
キャンセル後に使っていきたい。

ジョーヌ&ベール 1枚
クロックを操作するカードはドッグデイズでは、とても重要なパーツだ。
105000とパワーもバニラより500少ないだけなので、十分アタッカーとして運用することができる。
1枚採用していると、たまに良い動きをしてくれるカードだと考えている。

伝説の勇者召喚 1枚
使ってみたいカードということで採用だ(笑)
無難に獅子姫の見合いの4枚目を入れるべし!!

勇者の休息 レベッカ 1枚
シフトを持っているため1枚の採用だ。
相手ターン中でのクロックアンコで、クロックに置いてシフトで持ってくる。
手札にある愛され領主 クーベルをクロックに置けたりと夢が広がるね!!

英雄仮面 アデル 1枚
伝説の勇者召喚を採用しているので、勇者のカウンターを1枚採用した。
控え室からカードを選んでクロックに置く効果は、ドッグデイズでは光る場面があると思う。
他のタイトルでは採用しないカウンターだね(笑)

自由騎士 ダルキアン 1枚
伝説の勇者召喚を採用しているので、動物のカウンターを1枚採用した。

【2レベル】
英雄姫の銃 アデル 1枚
なんとなくカウンターを積んだ(笑)
たまーに3レベルを守れるといいな(笑)

【3レベル】
ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティ 4枚
私の中でパワーが10000しかない3レベルは時代遅れだと考えているが、このカード以外に強い3レベルがいない。
低いパワーに関しては、追加されたパスティヤージュの勇者レベッカで補っていこう。

パスティヤージュの勇者 レベッカ 3枚
条件が緩い早出しということで3枚採用だ。
ドッグデイズにないパワーを補ってくれるカードなので強い。

若き獅子姫 レオ 2枚
詰め要員のカードだ。
2コストも払うなら回復にしてくれてもいいじゃない!!!

スポンサーリンク

総括

某ショップで優勝したデッキレシピを参考にしました。
良い物は参考にしないとね!!

1つの特徴で簡潔していたドッグデイズ
2つの特徴を参照するカードが増えてデッキの幅が広がるかと思いきや、特徴がチグハグでデッキがうまくまとまらない(笑)
デッキを組んでいると、特徴が噛み合っていなくて、もどかしく感じることもある。
逆にデッキレシピを考えるのが楽しくもある(笑)
デッキを考えてみるとわかるが、ほとんどが今回追加されたカードになってしまう。

プールが広いので、もしかしたら光るデッキが出てくる可能性もありますね。

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA