【ヴァイス】ペルソナ5 赤青タッチ黄 デッキレシピ

まえがき

デッキを考えていますが、構築の幅が広いです。
予告状を絡めるのか、絡めないのかだけでもデッキレシピが大幅に変わります。
何色の予告状を使うのか、そもそも使わないのか。
カウンター主体であれば青予告状に頼るのか、2000助太刀に頼るのか。
相手の盤面を開ける予告状も2種ありますが、どちらを投入するのか。
ちなみに、予告状を入れずに殴り合いも出来るプールなので積まないのも十分有りです。

今回は、赤色の予告状を搭載しています。
赤色の予告状を使う際に決めているのが、相打ちを必ず入れる事です。
予告状でキャラを割り、ダイレクト枠に相打ちを置くという動きは強いなと公開時から考えていました。
今日のレシピはその考えをベースにして、盤面のアドバンテージを稼ぎつつ早出しを行い回復を連打する型です。

スポンサーリンク

ペルソナ5 赤青タッチ黄 デッキレシピ

0LV
怪盗団の先導役 モルガナ / MONA × 4
佐倉 双葉 × 4
反逆者の魂 主人公× 4
“探偵王子の再来”明智 × 3
来るべき運命 主人公/JOKER × 3
静かな怒り 杏 / PANTHER × 2
取引成立 竜司 × 1

1LV
“総攻撃”モルガナ / MONA × 4
杏&カルメン / PANTHER × 3
予告状(赤) × 2
双葉&ネクロノミコン / NAVI × 1

2LV
喜多川 祐介 × 3
怪盗団の天才ハッカー 双葉 × 1

3LV
祐介&ゴエモン / FOX × 3
主人公&アルセーヌ / JOKER× 2
ナビゲーション役 双葉 × 2

CX
MISSION ACCOMPLISHED × 4
許す、もんかっ! × 4

所感・採用理由など

【0レベル】
怪盗団の先導役 モルガナ / MONA × 4
移動持ちです。
先行に立てて、序盤のリソースを確保する役割です。
確実に引きたいので4枚。

佐倉 双葉 × 4
アタッカーです。
運依存ですが、レベル1の3500は魅力。
4枚。

反逆者の魂 主人公× 4
アド集中。
早出しで手札を多く消費するので早めに引きたいカードです。4枚。

“探偵王子の再来”明智 × 3
パワーが低いものの、リソース消費を抑えつつパンチ数を増やせます。
確実に引きたいものの、枠が少なく3枚。

来るべき運命 主人公/JOKER × 3
PRのカードで、トップチェックとリバース時にデッキトップ2枚から1枚を手札に加えることが可能です。
終盤でも役立つ効果で、文句なしの強いカードです。イラストカッコイイ!
役割は、扉対応のパーツを集める事やトップ調整で安定したコストを作る事です。
レシピを考えながら考えたのは、レベル0の枚数がやや多めになってしまったことです。
上のカードと相談しながら、枚数を徐々に減らしていきたいと考えています。

静かな怒り 杏 / PANTHER × 2
500パンプと、予告状後かつダイレクト成功時に回収する能力を持っています。
強力ではあるものの、使いどころが限られてしまうのが悩みどころ。
必須ではないので2枚としています。

取引成立 竜司 × 1
予告状回収。
その他、手札のCXを簡単に処理することが出来て便利です。

【1レベル】
“総攻撃”モルガナ / MONA × 4
CX効果でトップが怪盗なら加え、それ以外なら手札交換です。
最低でも手札交換が出来るのは悪くないですね。
PRでCXを引き込めるので、安定した発動が可能だとおもいます。4枚。

杏&カルメン / PANTHER × 3
上のテキストはオマケ程度で。
焼いた後、このカードを空いた枠に入れる動きが強そうです。
予告状を多めに積んで、このカードをメインアタッカーにするのも面白そうです。
相手が悪いと腐るので3枚。めったに見ないですけどね(笑)

予告状(赤) × 2
焼きテキスト+回収です。
コストはかかるものの、十分すぎる程のパワーを秘めていると勝手に思ってます。
このカードと相打ちで、常時相手の盤面を荒らすのが役割です。

双葉&ネクロノミコン / NAVI × 1
8枚目のアタッカーとして搭載しています。
このデッキではあまりパワーが出ないので、どうしても割りたいキャラに当てて殴ります。
本当は2枚がいいですが、我慢して1枚。

【2レベル】
喜多川 祐介 × 3
早出し元。
この手のカードは登場時のストック消費がネックですが、効果によってコスト0で運用出来るいいカード。
チェンジのコストが滅茶苦茶でかいので、そこだけ注意しましょう。

怪盗団の天才ハッカー 双葉 × 1
疑似リフレ効果内臓の助太刀です。
この効果のカードをあまり使ったことが無いのですが、強いカードなのかなぁとぼんやり思っています。
枚数を増やすカード筆頭ですね。

【3レベル】
祐介&ゴエモン / FOX × 3
このデッキのコンセプト。
飛龍+アタック時回復は強力なんてものではないと思うのです。
座り続けて、回復を連打しましょう。
レベル3に上がったら、下の双葉と合わせてひたすら耐久です。

主人公&アルセーヌ / JOKER× 2
上のカードで盤面をスカスカにしてから、このカードで詰めるのが強いと思っています。
十分すぎる詰め効果なのに、回復を持っている何かおかしいカードです(笑)
1枚出せれば十分だと考えているので、2枚。
基本は上のカードで回復連打です。

ナビゲーション役 双葉 × 2
応援+防御効果2つを持った優秀な後列です。
このカードと上のレベル3を使い、ひたすら守るのがこのデッキのやりたい動きです。
上の主人公と同じく、1枚出せれば十分なので2枚。

スポンサーリンク

総括

防御型のデッキがかなり好みで、双葉のテキストが判明した時からこんなデッキを考えてました。
その後の公開で、主人公や回復持ちの飛龍が出たときにこれだ!と思いました(笑)
課題は、レベル0の枚数の多さや圧縮能力があまり高くないことですね。
耐久出来るとはいえ、圧縮が低くてはあまり意味がないですし。
まだまだ未完成ですが、ひとまず形になったので掲載してみました。

そのほかにも多くの型があると思うので、これから上げていきたいと思います。

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA