【ヴァイス】境界のRINNE 緑タッチ赤契約黒猫型 デッキ

まえがき

境界のRINNEが、発売されましたね!!

20代の人は絵柄をみたときに、犬夜叉と間違えた人が多いだろう。
もちろん私もその一人で、まさかの犬夜叉!?と思ったが、新作の境界のRINNEでした。

今回は、緑のデッキを考えました。
やはり、エクストラブースターはプールが狭いですよね。

スポンサーリンク

境界のRINNE 緑タッチ赤契約黒猫型 デッキレシピ

0LV
“穏やかな昼餐”りんね × 4
“契約黒猫”六文 × 4
“死神の仕事”りんね × 3
幼い頃の桜 × 3
メイド服の桜 × 2

1LV
“穏やかな昼餐”桜 × 4
“遊園地デート”桜 × 4
“千の風ストリーム”りんね × 2
六道 りんね × 2

2LV
裁きの輪 × 3
水着の桜 × 2
“バイブルコーナークラッシュ”翼 × 1

3LV
“霊視体験”桜 × 4
“輪廻への導き”りんね × 4

CX
2人の奇想天外な放課後 × 4
ここから先は死神の仕事だ!! × 4

所感・採用理由など

【0レベル】
“穏やかな昼餐”りんね × 4
相打ち+アドを得る効果を持っているため、文句なしの4枚採用だ。
こういうカードって、CXがよくめくれる(笑)

“契約黒猫”六文 × 4
非常に採用するか迷ったが、4枚採用。
手札維持を集中だけに頼ってしまうと、3パンできるのは集中が成功したときのみになる。
コンスタントに3パンできるデッキが、強いデッキだと私は考えているため4枚採用した。
3パンしやすくなるが、RINNEのプールとは非常に相性が悪い。
ストックが2枚以上必要な106500は採用できなくなる。

“死神の仕事”りんね × 3
0レベルの全体応援がないだと・・・・。
応援を持ちながら手札事故を回避できるし、相打ちにも強くなる。
弱いカードではない、むしろ強いが0コストの全体応援がほしかった。

幼い頃の桜 × 3
もう1つの効果が応援だったら文句なしの4枚採用だった。
後列2体を、このカードにすると盤面のパワーが下がってしまうため3枚の採用。
“穏やかな昼餐”桜がCXシナジーでパワーパンプすることができるので、このカードを2体並べてもパワー不足にはならないと考えられる。
ですが、対応CXがストブのため、毎ターン貼るのことはできない。
素直に応援を採用すべきだ。

メイド服の桜 × 2
CXを捨てる事ができる“死神の仕事”りんねが入っているので、このカードを入れなくてもよいと考えている。
クロックとデッキでは選択肢の幅が違うし、弱い手札を強くしてくれるため、2枚採用した。

【1レベル】
“穏やかな昼餐”桜 × 4
文句なしに強いため4枚の採用だ。
緑軸は、このカードがなければ成立しないよね(笑)

“遊園地デート”桜 × 4
“穏やかな昼餐”桜が、CXシナジーでパンプ効果をもっているので、横に並べるカードはパワーよりもコストが軽いカードを優先したかった。
106500の採用を考えていたが、“契約黒猫”六文を採用しているため、106500のデメリットを回避することができないと考えました。
他に採用できる1レベルを探した結果このカードに行き着いた。
クロックアンコールを持っているので、手札が少ない時に輝くカード。
弱くもないし強くもない普通なら採用しないカードですが、アタッカーなので4枚採用だ。

“千の風ストリーム”りんね × 2
CXシナジーを成立させやすくするために採用した。
このカード自体が強い訳ではないので、採用枚数は2枚。

六道 りんね × 2
CXシナジーや、回収先の選択肢を増やすために、カウンターを2枚採用した。
117000を守りたいしね。

【2レベル】
裁きの輪 × 3
何枚採用するか迷ったカード。
4枚は多すぎかなと思ったので3枚にした。
このカードを、何枚入れるかは人によってかなり変わりそう。
なくても3レベルの詰めの能力はかわらないからね。

水着の桜 × 2
詰め要素が、リバース要求なので念を入れて3レベル応援を2枚採用。
最近のヴァイスは、3レベルのパワーが高すぎる。
やりすぎ感はある(笑)

“バイブルコーナークラッシュ”翼 × 1
とりあえず、枠が余ったらカウンターを突っ込むスタイル。

【3レベル】
“霊視体験”桜 × 4
回復要員として4枚の採用だ。
パワーが低いので、しっかりと応援でカバーしたい。

“輪廻への導き”りんね × 4
詰め要員として採用した。
何と2枚もクロック送りにすることができる最凶カード!!!
決まれば強い・・・。
対策が簡単にできてしまうので決まらない悲しみ(笑)

スポンサーリンク

総括

緑のカードは効果が強いかわりに、色や特徴の拘束があるため、ほぼ緑一色なる。
そのため、狭いカードプールが更に狭くなり、デッキ構築の幅がなくなってしまうね(笑)

カード単体でみると強いカードがあるけれど、デッキ全体でみると弱いと思う(笑)
最新のタイトルなので、戦えるポテンシャルは持っているけれど、勝ち残る事はできないかな?

“輪廻への導き”りんねの降下を決めて、ドヤ顔したい。

あくまでデッキ案なので、参考程度にしてください。

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA