【HS】S20 アグロドルイド デッキ Tier1は伊達やない!!

まえがき

ハースストーン楽しいですね。
今回はアグロドルイドを使ってみた感想だったり考えを書きます。

使い始めた時は、強いのかな?と疑問に感じていました。
特に練気がうまく使えてなかった。

語れるほど使い込んではいないけれど、自分なりにアグロドルイドについて考えたので書きたいと思います。
動画の最初に、考えた事を語っているんだけどね(笑)
ブログを見た方は飛ばしてください!!

スポンサーリンク

アグロドルイド デッキレシピ

Aggro Druid for TGT 日

Aggro Druid for TGT 英

回し方

全てのドルイドデッキに言えますが、[Innervate](練気)や[Darnassus Aspirant](ダーナサスの志願兵)のマナブーストから、除去されにくいミニオンや強いミニオンを展開するのが基本です。
本来ブーストするデッキは手札をためこんでから強いミニオンを連打していくのが基本です。
このデッキでは、手札をためたりはせずに[Leper Gnome](レプラノーム)や[Knife Juggler](ナイフ・ジャグラー)といった、ヒーローに対してダメージが見込めるミニオンを展開し、早いターンで勝利を目指すデッキだと考えています。
特に、1~2ターン目にミニオンを展開してからの3ターン目に[Innervate](練気)を使って[Fel Reaver](フェル・リーヴァー) や[Druid of the Claw](爪のドルイド)を展開する動きは、相手側も対処しにくいため非常に強力です。

息切れしてしまった終盤で、[Force of Nature](自然の援軍)と[Savage Roar](野蛮の方向)のコンボで勝つこともあります。
ミニオンが並んだ場合は[Savage Roar](野蛮の方向)で相手のライフを大きく削ってから、大型ミニオンで蓋をするといった動きなどもできるため、非常に強力なデッキだと感じました。

さすがTire1のデッキですね。
是非、みなさんも使ってみてください!!

S20 – Aggro Druid #2

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA