【ヴァイス】リライト-Rewrite- 赤黄ちはやチェンジ デッキ

まえがき

制限改定により、2015年8月31日からリライトは制限解除!!
リライト全盛期のデッキを作る事ができるようになりました。
リライトの制限解除はうれしい人が多いのでは?
何故なら私が歓喜しているからだ!!(笑)

使っていたときを思い出しつつリライトのデッキレシピを紹介します。
全盛期の時に書かれたブログなどを調べれば良いものが出てくると思うので簡単に書きます。

スポンサーリンク

リライト-Rewrite- 赤黄 デッキレシピ

0LV
“オカ研会長”朱音 × 4
“月明かりの下で”瑚太朗&篝 × 4
“散る桜の宿命”咲夜 × 4
“無愛想っ子”朱音 × 2
“明るい笑顔”ちはや × 2
お風呂上りの朱音 × 2

1LV
水着のちはや × 4
“輝く青空の下で”ちはや × 4
“誰かのために”静流 × 2
ちびちはや × 1

2LV
“一緒に歩く道”ちはや × 4
“カリスマ魔女様”朱音 × 2

3LV
鳳 ちはや × 4
“いたずらなキス”ちはや × 3

CX
当たり前の楽しみ × 4
守るべき人 × 4

リライト 赤気 デッキレシピ(リンク)

所感・採用理由など

【0レベル】
“オカ研会長”朱音 4枚
先上がりをしたいリライトにとって非常に相性が良いカードで、05止めという概念を打ち破ったカードだ。
0レベルで3パンしやすくなるのだが、その場合は基本後上がりになるため1レベルのパワーが高いタイトル相手には3パンしない方が無難だ。

“月明かりの下で”瑚太朗&篝 4枚
“散る桜の宿命”咲夜の対象にできるためパワーが1500と低いが気にならない。
パワーパンプは使う機会はあまりないので、相手のターン中もパンプされることを忘れがちになってしまうので気をつけよう。
むしろ、リライトと対戦した時にパンプを忘れていてパンプ対象のキャラに対して+500越えで殴るなんて事がないように注意が必要だ。

“散る桜の宿命”咲夜 4枚
このカードが後列にいると“一緒に歩く道”ちはやを安心して出す事ができる。
レストパンプでパワーだけではなくレベルが上がる点も非常に強い。

“無愛想っ子”朱音 2枚
相手を倒したときの効果は0レベル以外で発動しにくいが、手札にあるチェンジ先を落としたりと極まれに輝くカードだ。

“明るい笑顔”ちはや 2枚
“散る桜の宿命”咲夜と合わせて相手のキャラを倒すためのカードだ。
ゲームソフトの初回特典のため手に入れるのが大変だ。
“ドジっ子”ちはやでも代用可能だが役割がキャラを倒す事のため、レストしてしまう可能性があるので厳しいと考えている。
応援を採用しているのであれば、4000を作れるため“ドジっ子”ちはやを採用するメリットがある。

お風呂上りの朱音 2枚
優秀な後列でもあるが、基本的には中盤~終盤で手札をよくするために使っていたカードだ。

【1レベル】
水着のちはや 4枚
0レベルで割られにくいパワー4000は非常に優秀だと感じる。
先上がりして並べたいカードだが、後上がりで1レベルに相打ちをしっかりと当てて自ターン中に“散る桜の宿命”咲夜で擬似アンコする動きも好きだ。
自ターン中に、このカードを“散る桜の宿命”咲夜で擬似アンコするメリットは盤面を空けない事と、相手のダイレクトアタックの枠を空ける事が出来る点だ。
まぁ、好きではあるがあまりやらない(笑)

“輝く青空の下で”ちはや 4枚
チェンジ元
出来れば2体チェンジしたい。

“誰かのために”静流 2枚
キャンセル率を上げてくれるカードだ。
たかが1枚されど1枚キャンセル率を上げるために全力をだすべきだ。
リライトは圧縮ができないのが残念だ。

ちびちはや 1枚
“誰かのために”静流の方が強いカウンターではあるが、チェンジ後は3レベルに向けてストックを貯めたいので、ストックを使わずに“一緒に歩く道”ちはやを守れるカードということで1枚採用だ。

【2レベル】
“一緒に歩く道”ちはや 4枚
今日のカードで公開当初はデメリットが重く使われないカードだと私は考えていた。(多くの人がそういう評価をしていたと思う)
チェンジして使うにも、リライトにはオカ研があるためダメージレースで負ける可能性がある点と、アンコールステップチェンジでは何も仕事をせずに倒される可能性がある点が弱いと考えて使っていなかったのだが、リライト発売後のタイトルカップでこのカードを使ったリライトが優勝した。
完コピして使った後に全ての評価が覆る。
“散る桜の宿命”咲夜があってこそのカードだといえる。

“カリスマ魔女様”朱音 2枚
元祖回復メタカードだ。
回復されるのが嫌なので必ず場に出すカードだ。

【3レベル】
鳳 ちはや 4枚
リライト全盛期はコイツを超えることができる3レベルはいなかった。バールがいた(笑)
現在では、このゴリラ高パワーも珍しくはなくなってきましたが、まだまだいけるかな?

“いたずらなキス”ちはや 3枚
全体ソウル+1とダメージキャンセル時に1点ダメージと出た当初はびっくりした(笑)
CXを引かずともソウルが上がる点は非常に強い。

【CX】
当たり前の楽しみ 4枚
3レベルの早出しが強いためとりあえず採用した。
初風もいるしね。

守るべき人 4枚
扉最強!!

スポンサーリンク

総括

リライト全盛期は9500というパワーを超える事が出来るタイトルが少なく、1レベルから2レベルまで9500が猛威を振るっていた。
ここ最近良く収録されるようになった1レベルのCXシナジーで相手をリバース時に回収やサーチなどが出来るカードに対しては1レベルから高パワーの盤面を作るリライトは脅威だと考えています。
3レベルの早出しの条件が緩くなってきているので2レベルで対処はされやすくなったと思っているが、2面チェンジしていれば相手も辛いよね(笑)

リライトに関しては圧縮が出来ないタイトルのため、高ソウルやバーンにとても負けやすい。
環境にガルフレのオバケ南瓜 笹原野々花やSAOの最後の一撃 シノンのバーンで2レベルの5~6クロックから全ての打点が通り負ける可能性があるのでネオスで大会上位は難しいかな?
弱いタイトルではないので十分に上位も狙えるでしょう。
次環境が非常に楽しみだ!!

私は制限解除記念で大会で使いたいと思っています。

商品情報

【スリーブ】
Rewrite 「鳳 ちはや」
Vol.138 Rewrite ちびもす
Vol.130 Rewrite 『鳳 ちはや』

【デッキホルダー】
Vol.32 Rewrite 『鳳 ちはや』

【ストレージ】
Vol.29 Rewrite 『ちはや&朱音』

シェア

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA